ホステスとラウンジの違いとは?

ホステスとラウンジの違いとは?

ホステスとラウンジの違いとは? キャバクラやクラブと並んで今流行っているのがラウンジと呼ばれる形態です。
キャバクラやクラブで働いている女性のことをホステスといいますが、ラウンジで働いている人たちとはだいぶ印象が異なります。
こちらの特徴としては比較的仕事内容が緩いというところが挙げられます。
通常、キャバクラやクラブで働く場合はドレスを着たり、派手なメイクをしたりと自分を着飾る必要性があります。
しかし、ラウンジの場合はそこまで着飾る必要はありません。
私服でいいというところが多いですし、メイクもナチュラルメイクで十分です。
さらに、キャバクラやクラブだと指名や同伴を稼ぐ必要がありますが、こちらの場合はノルマがないので気楽に働けます。
テーブルマナーについてそこまでうるさくないというところもこの形態の良いところです。
もしも、ナイトワークが初めてな場合はこちらを選択するといいでしょう。
ホステスになってしっかりとした技術を学ぶのか、気軽な気持ちで働きたいのかどちらがより自分に合っているのかよく考えてみてください。

ホステスが源氏名を使用する理由

ホステスが源氏名を使用する理由 ホステスの多くは源氏名を使っています、これは芸名やペンネームと同じようなものでお店で働いてるときに使っている本名ではない名前のことを指します。
しかしなぜ源氏名を使うのでしょうか。
まず一つ目は自分がこのような仕事をしていることを知られたくないというのがあります。
夜の仕事に対して誇りを持ってる人もいますが中には昼間はOLなどをしている方もおり、知り合いなどに夜の仕事をのことを知られたくない人もいるのです。
もう一つは昼間とは違う自分に生まれかわるという意味合いもあります。
基本ホステスの源氏名はおしゃれなものや華やかな名前が多いのですが普段の自分とが違う夜の蝶に生まれ変わる切っ掛けになるのです。

元々源氏物語が由来なのですが源氏物語に登場する女性の華やかさにあやかっているのが元々の切っ掛けです。
今では源氏物語とは関係のない名前が付けられることが多いのですが華やかになりたい、勝負に勝ちたいという精神は平成の世の中でも残っています。